キッチン
換気扇
アンテナ
レンジフード

室外のアンテナ取り付けは天候に左右される~高所の電気工事~

意外と故障しやすいテレビアンテナ~その驚くべき原因は~

アンテナの敵は災害!?

大雨

通常テレビアンテナというものは、少しの雨や風では動かないようしっかりと取り付けられています。しかし、台風など悪天候の場合には故障することも少なくありません。アンテナの不具合による症状の現れ方は様々で、テレビが全く映らなくなることや、ノイズが発生することなどがあります。受信強度を確認し、チャンネル設定やケーブルの確認することで直ることもありますが、室内でできる対処をしても改善されないなら電気工事業者に依頼しましょう。

アンテナの不調を感じたら電気工事業者へ依頼する

アンテナは屋根など高所に取り付けられていることが多いです。そのため、不具合を自分で直すには高所に登る必要があり、大変危険です。アンテナの点検や修理は自分で行なおうとせず、電気工事業者に連絡しましょう。

災害に強いアンテナ取り付けを施す

アンテナにも寿命の目安が設定されていますが、災害による影響を受けやすいため、いつ破損してしまうか分かりません。そのため、アンテナの取り付けを行なう際には災害対策をきちんと考える必要があります。

設置箇所に工夫を凝らしてみる
アンテナが災害の影響を受けやすいのは室外に設置されているからです。アンテナを室内に取り付けると、雨風から守ることができるため長持ちします。その他、室内設置には景観を損ねないということやメンテナンスしやすいという魅力があります。
アンテナ選びにもこだわろう
室内への取り付けを考える場合、設置場所の面積が限られているため大きなサイズのアンテナでは取り付けが難しいです。デザインアンテナや平面アンテナと呼ばれるものならコンパクトで設置場所を選ばないので室内設置にも適しています。
TOPボタン